あごニキビが嘘みたいに出来なくなった魔法の保湿ジェル

あご・フェイスラインニキビ専用ジェル
>> 【MELLINE(メルライン)】 <<

↑    ↑    ↑
あごニキビを治す,メルライン

これを使い始めてから生理前になってもほんとにあごのニキビが出来なくなりました。
保湿力のあるコスメと比べても別格の効果に満足できたのであごニキビに悩む人にはおすすめしています!

今までのニキビケアで改善しないあごニキビを漢方で治すには?

あごニキビを解消するために良いと言われているケア方法を実践してきても繰返し出来るニキビが改善されない場合は、漢方での治療方法もあります。

 

思春期ニキビと違い、Uゾーンやあごに出来やすい大人ニキビは皮脂だけが原因ではなく、ホルモンバランスや内臓機能の低下など体の内側の不調がニキビの発症の原因になっていることがあるからです。

 

内臓機能が低下すると出やすい症状

  • 体に無駄な熱がこもりやすい
  • 水分代謝が悪い
  • お血による冷えのぼせ
  • 消化・吸収機能(胃の働き)の低下
  • 代謝の悪化で肌が乾燥する

 

これらの症状がある場合、いくら良いと言われているニキビケア用の化粧品でお手入れをしても治ってはまた出来るを繰り返してしまうことがあります。

 

ドラックストアや皮膚科医を受診されて塗り薬程度で改善していく場合は、漢方までは必要ないのかもしれませんが、なかなか改善しない場合は、内臓の不調を正してくれる漢方の力を借りてみましょう。

 

 

あごニキビに効く代表的な漢方薬

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

古くから女性に多く使用されてきた漢方薬で、冷え症や貧血、下腹部痛などの月経痛や月経不順などに用いられる。

 

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

赤ら顔でのぼせがある場合のニキビや皮膚炎に用いられる。

 

桂枝茯苓丸加ヨクイニン(けいしぶくりょうがんかよくいにん)

冷えのぼせの症状や生理不順などに用いられる。

 

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

ニキビが炎症して化膿し始めた時に用いられる。

 

加味逍遙散(かみしょうさん)

のぼせがあり肩こりや精神的に不安定、イライラなどの症状や便秘、月経不順などに用いられる。

 

漢方は、種類が多くドラッグストアで購入できるものから専門的な知識のある漢方医などに処方してもらうものまで様々です。

 

あごニキビが治らない場合は、皮膚科でも漢方を処方してもらえますので普段のお手入れで改善しない場合は一度受診されてみてくださいね。

 

 

あごニキビに効く化粧品はコチラ