あごニキビが嘘みたいに出来なくなった魔法の保湿ジェル

あご・フェイスラインニキビ専用ジェル
>> 【MELLINE(メルライン)】 <<

↑    ↑    ↑
あごニキビを治す,メルライン

これを使い始めてから生理前になってもほんとにあごのニキビが出来なくなりました。
保湿力のあるコスメと比べても別格の効果に満足できたのであごニキビに悩む人にはおすすめしています!

あごニキビがかゆくて痛い時の原因と跡を残さないケア方法とは?

あごニキビがかゆくて痛みが出ている場合は、肌の表面にニキビが出来ているのではなくて、奥の方でしこりのようなニキビの芯が発生している場合があります。
こうなってしまうと、じんわりとくるかゆみと触るとその刺激が痛みになってしまう治るまでに時間の掛かるニキビが出来てしまいます。

 

痒くて痛いあごニキビの原因

かゆみを感じる場合は、肌が乾燥していることが多く、肌に本来備わっているバリア機能が弱くなっていることが考えられます。

 

バリア機能は、外的な刺激から肌を守っているのですが、弱まると髪の毛が触れただけでも刺激になってしまう事もあり、乾燥からくる肌機能の低下はなってしまう前に防いでおくと肌トラブルも起きにくくなります。

 

 

そうはいっても、かゆみが出てしまった時は、ニキビの原因であるアクネ菌以外の雑菌が繁殖している可能性もあるためむやみに顔を触ったり、洗顔時にタオルでゴシゴシ擦るなど肌の刺激となってしまう行為は避けた方が良いでしょう。

 

痛みを感じる場合は、ニキビが炎症を起こしている事もあるため炎症を抑えるお薬を処方してもらったり、触らないように注意しながらお手入れを行うことも大切です。

 

かゆみや痛みがあるとつい手で触ってしまったり、無理やり潰してしまったりして逆にニキビを悪化させてしまいかねません。早く潰してしまった方が回復が早いと知人から聞いて痛みを我慢して潰していたこともありますが、気を付けないと、肌の炎症からニキビ跡になってしまう場合があります。

 

年齢を重ねると、肌のターンオーバーの周期が遅くなり若い頃消えていたシミが消えにくくなります。ニキビ跡も同じで、肌のターンオーバーが乱れてしまうと色素沈着した部分が上手く排出されずに残ってしまいま。

 

あごニキビを跡を残さず綺麗に治す方法は、あごニキビの原因になっているであろう睡眠不足や暴飲暴食、バランスの取れた食生活を心掛けて体の内側と外側からのお手入れをすると良いでしょう。

 

あごニキビ用のお手入れはコチラから確認できます