あごニキビが嘘みたいに出来なくなった魔法の保湿ジェル

あご・フェイスラインニキビ専用ジェル
>> 【MELLINE(メルライン)】 <<

↑    ↑    ↑
あごニキビを治す,メルライン

これを使い始めてから生理前になってもほんとにあごのニキビが出来なくなりました。
保湿力のあるコスメと比べても別格の効果に満足できたのであごニキビに悩む人にはおすすめしています!

あごニキビを治す皮膚科で受けられる治療法とは?

自分で出来るあごニキビのケアを行ってもなかなか治らない、逆に悪化してしまった場合に皮膚科を受診するとどんな治療が受けられるのでしょうか?

 

あごにできるニキビは、他の部分に出来るニキビに比べ治りにくいと言われています。それは、あご周辺の皮脂腺の多さに関係しています。

 

 

あご周辺は、非常に皮脂腺が多く皮脂の分泌が増えると通常は毛穴からきちんと排出されるのですが、様々な原因から角質が厚くなってしまうと皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。するとアクネ菌が増殖してあごにニキビが出来てしまいます。

 

あごニキビの治療法

ニキビが出来始めると2つ目3つ目と次々に出来てしまう特徴もあるため皮膚科では、抗生物質やディフェリンなどのステロイド剤を用いての治療が多いです。

 

これだけでは、皮脂腺の炎症は抑えることが出来てもニキビの出来にくい状態にすることは出来ないため、根本的な治療も受けられます。それが、ホルモン治療です。あごにできるニキビの原因にホルモンバランスの影響がありますが、ホルモン治療によって体の内側からアプローチしていく治療法です。

 

女性の場合、抗生物質とディフェリンではほとんど変化が出なかった方でもホルモン治療を受けると1ヵ月くらいでニキビが出来にくい状態へ変化することもあるそうです。

 

 

でも皮膚科や美容皮膚科などへの受診と通院は、時間もお金もかかります。そして、薬を飲む事になるため副作用なども心配です。あごやフェイスラインに出来るにきびのケアは、根気よく続けることが前提ですのであごニキビ専用のケア化粧品で毎日のお手入れを行うほうが安心ではないでしょうか?

 

私が、実際にあごニキビに悩んでいた時に病院に行く時間がなくセルフケアのために使ってみたのはニキビ用のお手入れ化粧品には珍しいオールインワンジェルです。

 

オールインワンジェルの詳細はTOPページでご覧いただけます