あごニキビが嘘みたいに出来なくなった魔法の保湿ジェル

あご・フェイスラインニキビ専用ジェル
>> 【MELLINE(メルライン)】 <<

↑    ↑    ↑
あごニキビを治す,メルライン

これを使い始めてから生理前になってもほんとにあごのニキビが出来なくなりました。
保湿力のあるコスメと比べても別格の効果に満足できたのであごニキビに悩む人にはおすすめしています!

ニキビと汗泉の関係とニキビが出来る本当の理由

暑い季節は湿度も高く、汗と皮脂の量が多くなるため肌のベタつきが不快に感じます。
そのため、汗と皮脂が原因でニキビが出来ると考えがちです。

 

べたつく→清潔ではない→雑菌が発生する→ニキビが出来る

でもこれって間違っている?

 

汗をかいてべたついたまま過ごしていれば、体臭の原因にもなりますから多少はニキビの原因になっているわけですが、顎にできるニキビ=大人ニキビの場合は、汗と皮脂だけが原因ではありません。汗をかくと、汗の上に肌表面の皮脂が浮いてしまうためべたつく不快感が出るそうです。

 

 

大人ニキビは、角質層の乾燥とホルモンバランスによる影響の方がはるかに大きいそうです。

 

肌の老化は、20代以降すこしづつ進行していきます。化粧品売り場で肌の水分量を計測するのはそのためです。
肌の水分量が不足しているとハリや弾力が無くなり、毛穴も収縮してしまいます。

 

そこに古い角質が詰まるとニキビが発生しやすくなります。

 

ホルモンバランスは、生理前に変化しやすいためPMS症候群とともに顎やフェイスラインにニキビが出来やすくなります。
また、コラーゲンの減少を補うと肌は潤いのある状態になり毛穴もぷっくりとして肌のターンオーバーも正常に行われるため毛穴詰まりを起こしにくくなります。

 

 

このように、汗をかく夏場にニキビが悪化するのはベタつきが原因ではなく汗をかいた後に、冷房の効いた室内に入り急速に汗が渇くため肌が乾燥することが原因になっている場合もあります。

 

汗と一緒に肌の水分も蒸発してしまうため、夏場でも肌が乾燥しない様に保湿力のある乳液やクリームを使う方がニキビの予防になります。