あごニキビが妊娠初期に特に出来やすい理由とは?

妊娠すると生理前と同じ様なホルモンバランスが暫く続くため、肌荒れが起こりやすくなります。

 

特に、口周りに出来るため痛みを伴う場合もあり妊娠初期は、つわりや体調不良がつらいものです。

 

女性ホルモンには、2種類のホルモンがあります。

  • 卵胞ホルモン
  • 黄体ホルモン

 

卵胞ホルモン(エストロゲン)は、美肌ホルモンとも言われていて黄体ホルモン(プロゲステロン)よりも優位にある状態の方が肌の調子は良くなります。これが、生理前や妊娠初期〜中期にかけて黄体ホルモンの量が増えるため肌荒れが起こりやすくなります。

 

 

妊娠時のホルモンバランスの乱れ

 

もし妊娠をしていた場合、ホルモン量の分泌に乱れが発生します。

 

特に妊娠の初期には黄体ホルモン(プロゲステロン)が増えるのでホルモンバランスが崩れがちです。黄体ホルモンは、赤ちゃんにとっては大切な役割をするのですが、皮脂の分泌を増やしたり、精神面にも不安定さを感じさせたりとお肌には少し厄介なホルモンです。

 

それにより一時的に肌荒れ(お肌のトラブル)が起こりがちになります。

 

同時に自律神経が失調することもよくあります。生理前や妊娠初期のイライラはホルモンバランスの乱れの影響を受けています。

 

妊娠中期になると、自律神経を整えるために卵胞ホルモン(エストロゲン)が大量に増加されて、お肌の状態が良好に向かっていきます。

 

つまりエストロゲンの分泌が重要なんです。エストロゲンは別名美肌ホルモンとも呼ばれています。

 

 

妊娠時のあごニキビ対策

妊娠時のあごニキビは、ホルモンバランスの影響を受けているためスキンケアも大切ですが、食生活や生活習慣を見直すことも大切です。

 

妊娠時、肌荒れが起きている場合は、黄体ホルモンの影響で皮脂が普段よりも多く分泌されている可能性があります。スキンケアでは、洗いすぎを防いで潤いの保てるお手入れ法を行いましょう。

 

あごニキビを治す3つの方法はコチラ

あごニキビが嘘みたいに出来なくなった魔法の保湿ジェル

あご・フェイスラインニキビ専用ジェル
>> 【MELLINE(メルライン)】 <<

↑    ↑    ↑
あごニキビを治す,メルライン

これを使い始めてから生理前になってもほんとにあごのニキビが出来なくなりました。
保湿力のあるコスメと比べても別格の効果に満足できたのであごニキビに悩む人にはおすすめしています!