あごニキビがストレス過多で出来やすいのはどうして?

あごにニキビが出来始めると「今(ここの)具合が悪いですよ〜」という体からのサインとも考えられます。ニキビが出来るのは何かしら原因があるからです。

 

 

あごニキビが出来る原因

あごは、男性ホルモンの影響を受けやすい部分です。男性にヒゲが生えているのはホルモンの影響によるもので、女性の場合、生理前になるとホルモンバランスが乱れるため皮脂の分泌が増え、毛穴の小さなあごにニキビが出来やすくなります。

 

また、ホルモンバランスというのは、生理前だけでなく次のような場合も乱れやすくなります。

 

  • 睡眠不足
  • ストレス過多
  • 冷え

 

睡眠不足

睡眠が足りていると、交感神経と副交感神経(リラックス)の働きの調和が保たれているのですが、不足してくると、交感神経の働きが強まりホルモンのバランスが乱れてしまいます。男性ホルモンを刺激してしまうため、皮脂が過剰に分泌され毛穴に詰まってしまった皮脂がやがてニキビが出来やすい環境を作りだしてしまいます。

 

ストレス

家庭や仕事などで毎日ストレスを感じやすい場合、適度にストレス発散を行いましょう。
ため込んでしまうと、いつか爆発してしまいます。

 

このストレスも自律神経の働きに大きな影響を受けているためストレス過多になってくるとホルモンバランスも乱れてきます。すると、皮脂の分泌量もふえるため毛穴に皮脂が詰まりニキビが発生してしまいます。

 

冷え

手足の冷えも治したい症状ですが、内臓の冷えにも注意されてくださいね。
冷たいものの取り過ぎや内臓の冷えは、血流を滞らせるため自律神経の働きが乱れホルモンにも影響が出ることがあります。

 

ストレスや睡眠不足、冷えの改善は、日常生活の見直しや日頃の行動で解消できます。

あごニキビが嘘みたいに出来なくなった魔法の保湿ジェル

あご・フェイスラインニキビ専用ジェル
>> 【MELLINE(メルライン)】 <<

↑    ↑    ↑
あごニキビを治す,メルライン

これを使い始めてから生理前になってもほんとにあごのニキビが出来なくなりました。
保湿力のあるコスメと比べても別格の効果に満足できたのであごニキビに悩む人にはおすすめしています!