あごニキビの予防のポイントは潤い補給?出来る原因と治し方

10代の頃はおでこやほっぺに赤くなるニキビが出来ていましたが、20代を過ぎると眉間の間や顎にばかりニキビが出来るようになりました。

 

友人には「ストレス多いんだね」「疲れているね」と言われていたので自分でもストレスのせいにしていたのですが、大人ニキビのケアについて色々と調べていくうちにストレスも一つの原因ではあるけれど、それだけではないってことに気が付きました。

 

あごニキビ

 

あごニキビ(大人ニキビ)が出来る原因

  • 加齢によってコラーゲンが減少し潤いが無くなったため
  • ホルモンバランスの乱れ
  • バランスの悪い食生活

 

コラーゲンが減少すると、角質層内部の潤いが減るため肌は水分を保持しようとして角層を厚くしてしまうんです。すると、肌はごわつき厚くなって毛穴には皮脂や古い角質が詰まりやすくなるためニキビが出来やすくなってしまいます。

 

また、医療機関では、ホルモン治療が行われる場合が多く、男性ホルモンを抑制する治療が行われます。男性にヒゲが生えているのは男性ホルモンの影響で、女性は生理前や出産後などにホルモンバランスが乱れるためホルモン治療が行われる場合があります。

 

そして、乱れた食生活は、ニキビだけでなく体の不調ももたらしますので暴飲暴食気味の方は今日からでもお野菜を多く摂るなど少し変化を付けるだけでもお肌のためには良い事です。

 

今から出来るあごニキビの予防法

肌を乾燥から守る = 保湿を心がけましょう
ホルモン治療は、専門医への受診が必要ですが、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンの摂取でホルモンバランスにに良い影響を与えることは可能です。

 

大豆

 

大豆やお豆腐、納豆、みそ、豆乳などを日ごろから多く摂るようにすると体調が良くなったなどの話も聞きます。あるテレビ番組でタレントの小池栄子さんも肌荒れが酷かった時にとにかく大豆製品を食べたら肌が落ち着いたと語っていました。

 

お肌の保湿には、基礎化粧品の種類を変えるのも良いのですが、あご以外は別に不調を感じていないというような場合は、あごにきび専用の化粧品というものもあります。

 

お肌の状態によって使い分けるとお肌全体のケアがしやすくなります。

 

 

あごニキビを治す化粧品はコチラ

あごニキビが嘘みたいに出来なくなった魔法の保湿ジェル

あご・フェイスラインニキビ専用ジェル
>> 【MELLINE(メルライン)】 <<

↑    ↑    ↑
あごニキビを治す,メルライン

これを使い始めてから生理前になってもほんとにあごのニキビが出来なくなりました。
保湿力のあるコスメと比べても別格の効果に満足できたのであごニキビに悩む人にはおすすめしています!