生理前の顎ニキビに悩む方におすすめしたい治し方

生理前に出来やすい顎ニキビの原因は、女性特有の体内でのホルモンバランスの乱れです。
この時期に集中的に肌トラブルに悩む女性も多くPMS(生理前症候群)と呼ばれ体や精神的な不調が出やすいこともあります。

 

どうして生理前にホルモンバランスが崩れるの?

女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。普段は二つのホルモンバランスが上手く保たれているのですが、黄体ホルモンが排卵後から黄体期にかけて分泌量が増加します。
その老いたいホルモンの分泌量増加の影響で、皮脂の分泌が盛んになります。
そのため普段は肌の調子が良くても、生理前に皮脂分泌が増加すると毛穴が詰まりが起こりニキビが出来やすくなります

 

元々汗腺が少なく、乾燥しがちなおでこや顎は、毛穴に古い角質が詰まりやすく普段から保湿によるお手入れが大切なのですが、生理前を肌が乾燥した状態で迎えてしまうと、皮脂分泌が多くなった時に毛穴から皮脂が出られなくなってしまいニキビが出来始めてしまいます。

 

生理前のニキビ

 

ではどのようなケアを心掛ければいいのでしょうか?

 

生理前のニキビケア

生理前はホルモンバランスの影響で皮脂の分泌量が多くなることが解りました。
皮脂の分泌が多くなった時に毛穴に詰まらせないようにするには、しっかりと肌が潤っている事が大切です。

 

乾燥して固くごわついた肌では肌トラブルが起きやすくなります
普段から保湿することで角質を柔らかくして毛穴を詰まらせないケアが大切になります。

 

とは言え季節によっては、汗でベタつきを感じるため保湿は必要ないのでは?と思いがちですが、夏でも紫外線やエアコンなどの影響で思っている以上に肌は乾燥しています。この潤っているように見えて実は肌内部が乾燥している状態「インナードライ肌」は肌トラブルを起こしやすくなりますので十分な保湿ケアでニキビの出来にくい美肌を目指しましょう。

 

また、ホルモンバランスの影響とは別に、ストレスや胃腸の働きが弱っているとあごニキビが出来やすくなる場合もあります。

 

栄養バランスとあごニキビの関係

 

個人差はありますが、脂質、糖質の取りすぎは肌荒れの原因になります。
あごニキビ,治す,糖質
糖質を多く摂ると消化するために多くのビタミンBが消費されます。ビタミンBは、肌の再生に関与している栄養素のため糖質の消化に多くを使われてしまうと肌トラブルが起きやすくなってしまいます。サプリなどでビタミン類を多く摂取するように心がけるのも肌荒れ対策になりますが、規則正しい生活とバランスの良い食生活を送ることも大切です。

 

あごニキビと食べ物の関係はコチラ

あごニキビが嘘みたいに出来なくなった魔法の保湿ジェル

あご・フェイスラインニキビ専用ジェル
>> 【MELLINE(メルライン)】 <<

↑    ↑    ↑
あごニキビを治す,メルライン

これを使い始めてから生理前になってもほんとにあごのニキビが出来なくなりました。
保湿力のあるコスメと比べても別格の効果に満足できたのであごニキビに悩む人にはおすすめしています!